COLUMN

2022/05/13
お役立ち情報

必読!婚活セミナーから遠ざかっている男性の皆さまへ

 沖縄えんまーる読者の皆様

 結婚教育の棚橋美枝子です。
 今回も皆様の婚活が進みますことを願い、コラムをお届けします。

 さて、あなたは婚活イベントを経験されたことおありですか。

 では、
婚活セミナー
婚活レッスン
などというお勉強系はいかがでしょうか。

 私の知る限りにおいて、婚活セミナー、男性に不人気です。
 女性も共に参加するタイプのものは、まあまあとしても男性onlyのものは至って不人気。

 更に残念なことに、まさにセミナーが必要な方ほど受講なさいません。

「あ、ボクは大丈夫です」
「俺、そういうの、必要ないんで」

 もう一度関西弁で申します。

 それ、あんたのためにあるんやんかーd( ̄  ̄)

 あれ?そうなの?

ボクのためやったの?

ほな、でよか

と思われた素直なあなたのために本日は婚活セミナーについてお伝えいたします。

今、婚活市場では婚活戦略講座に溢れています。

 たとえば
 女性だと

*モテメイク
*男性はこんな仕草に魅力を感じる
*こんなファッションだと男性は気にいる
などです。

 先日、某テレビ局のドラマで、
 「男性向け婚活コミュニケーションレッスン」のワンシーンがありました。

「聞き上手になるためのさしすせそ」

さ ー さすがです
し ー 知らなかったです
す ー すてきです
せ、そ、と続くのですが

「こんな戦略学んで何の意味あんの?」
「そんな簡単なもんなら苦労せんわ」
と思う方もおられるかもしれません。

おっしゃるとおりです。

 しかし、婚活セミナー軽視のあなた!
 あなたに足りないもの、
 それは結婚を勝ち取ろうとするエナジー(熱量)です。

「え?何、この関西のおばちゃん、僕は熱量あるよ。真剣ですよ!」
という声が聞こえた気がいたします。

 しかしながら、あえて!

 婚活セミナー軽視のあなた、婚活熱量高くはございませんd( ̄  ̄)

 何度もこれからお伝えすることになりますが
 結婚は人生のゴールでは決してありません。
 結婚することはあなたの人生の新たなスタートです。

 私は、過去、ご成婚率の高い結婚相談所のオーナーで、当時、会員全員参加型の婚活セミナーを開催していました。

 記憶に残るA君をご紹介します。

 A君には目立たないのですが、生まれついて身体の一部に奇形がありました。

 劣等感もあったでしょう。
 お見合いをしてもうまくいかないと「どうせ」「やっぱり」とどうしても弱音がでてしまいます。
 しかし、担当のNさんは粘り強く婚活セミナーに声をかけ続けました。

 最初は不満そうに、憂鬱そうに参加していたA君でしたが、半年ほど経った時、私にボソッと話しかけてきました。

 「棚橋さん、結婚ってゴールじゃなくてスタートなんですね。なんだか今日、初めてそれが腑に落ちました」
 そこから、あっという間にご成婚退会となりました。

 そうなのです。何度も申しますが
 婚活は良き結婚生活にむけての準備期間なのです。

 お見合いやイベントのマッチング成否で一喜一憂、
 「どうせ」「だって」と自分を卑下したり「女性は難しいですね」と思うようにいかないことを性差のせいにしてしまう方もおられますが、これでは熱量が高い婚活とは申せません。

 仮に婚活戦略的なものでも良いのです。
 要は、あなたが、そのセミナーを通してあなた自身があなたを発見すること
これこそが、セミナー参加の大きな目的です。
 そこが明確になれば、あなたの婚活は加速度を増します。

 このコラムを読み終えたら少しだけ考えてみてください。

 親との会話、自分はどんな口調で話しているだろうか。
 人と会う時に人目を意識して格好を整えているだろうか。
 心から「ありがとう」と人に伝えたのはいつだっただろう。

 私がお伝えする結婚教育では「自分自身を知る」ことを大切にしています。
しかし、その作業は他人や専門家の力を借りると早いのです。

① 人の話を聞きいれる素直さと


② 自分の改善点を知り認める勇気を持ち合わせているかどうか。

 この2点が備わってこそ熱量が高い婚活といえ、しかもあなたの結婚してからの人生に直結好影響なのです。

 そこで、もう一言、
「恋愛や結婚のセミナーなんて男の学ぶべきものではない」
もし、あなたがそんな呪縛に縛られていたとしたら是非その呪縛から解放されてください。あなたが学ぶスタートを切られるとき、そこからが男女共同参画社会のバージョンアップした沖縄県の姿です。

 沖縄えんまーる事務局でも、ホームページ内にてセミナー動画等を配信していますので存分に活用していきましょう。
 今日より明日へ!より幸せな結婚生活がスタートできる婚活となりますよう、
遠く奈良の地より心から応援しております。

この記事を書いた人

棚橋 美枝子 

1963 年大阪生まれ
成人男性 2 名の母
・株式会社グランエスペランサ代表取締役
・ NPO 法人日本結婚教育協会代表

<経歴>
看護師や医療系カウンセラーとして得た豊富な経験を基に 2011 年1月、夫婦問題・結婚相談所Mamies Heart を設立。様々な夫婦問題相談から得た経験と知識をもとにまとめた 結婚教育を柱に 2013 年 2 月 NPO 法人日本結婚教育協会を設立し、 2018 年 3 月まで同会の代表理事を務める。 2017 年 7 月には株式会社グランエスペランサを創業。地方自治体の少子化対策・結婚応援事業、また「日本の銘木と日本の職人の技による安心安全な木製品健康法と木製遊具」 の普及 を 取り組む。 2021 年 4 月より「恋愛・結婚生活の無知ゆえに悩み傷つき孤独にな る人を一人でも減らす」「今や誰もがあたりまえに実現できなくなった結婚難易度を下げる」「結婚がゴールではない結婚支援」を目指し NPO 法人日本結婚教育協会代表理事に再任 。

株式会社グランエスペランサ
https://gran esperanza.co.jp/

CATEGORY
ARCHIVE